Sマダムは後ろから嵌めてやるといい声で喘ぎます

Sマダムは後ろから嵌めてやるといい声で喘ぎます

まだまだつんつんとしている雰囲気のあるSマダムですが、いざ嵌めてやると、その高飛車の態度もどこえやら、しっかりと従順なペットに変身するSマダムです。

しかも四つん這いにさせて後ろからガンガン突いてやるといい声で喘ぎ始めます。
どうやら四つん這いというのが、動物の交尾みたいでマダムにとっては屈辱感があるようですね。

「それはいやです。」とか
「恥ずかしいから普通にしてください」などなど、いろいろ御託を並べて拒否する態度を見せますが、いざち●ぽを入れてガンガンついてやるとその屈辱感が逆にマダムのお●この感度を上げるようで激しく喘ぎ始めます。

尻を平手で叩いてやると増々感度が上がるようで、腰を激しく上下左右に振りながら、

「●●さんのち●ぽでいっぱいいっぱい犯してください。いじめてください。」と半分涙目で訴えるようになります。

sa3_029_2

尻を叩かれるたびに逝きそうになるマダムですが、俺の許可が出るまでは逝くことができないため腰を小刻みに震わせながら必死に逝くまいと耐えています。

そんな姿見ると俺も逝きそうになり思わず腰を振るのを止めると、

「あ!やめないでください。もっともっと突いてください。」とマダム…。

「うるさい!中に出すぞ!」とマダムの尻を一度ひっぱたいた後、両手でマダムの腰を捕まえてガンガンつきながら逝っった俺でした。

終わった後、妙にマダムが嬉しそうにしているので、「なんだ?」と聞くと、

「●●さんが声を上げて私の中で逝ってくれた」と言われてしまいました。

これじゃぁ どっちがSかMかわからないですね…。

今日はマダムに一本取られてしまった感じですね。"(-""-)"
 0

COMMENTS

my adorable pet